[L1]重症筋無力症と胸腺腫の入院生活55〜61日目:免疫力が大分下がる。

スポンサードリンク

@KyoheiMutoです。

重症筋無力症と胸腺腫の入院生活55〜61日目ダイジェストです。
メスチノンを飲まなくても、大丈夫になりました。

入院生活55〜61日目ダイジェスト

■2017年1月2日(月)
自宅へ外泊

■2017年1月3日(火)
自宅へ外泊

■2017年1月4日(水)
久々のリハビリがあり、体力的に落ちているのか。重症筋無力症の症状がでているのか。
腕が少し重い気がする。。

■2017年1月5日(木)
ステロイドの投与により、免疫力が危険水域まで低下しており、
今まで外泊できていたが、血液検査の結果により今後はできなくなる模様。
息抜きができなくなって、辛いな。。。

IMG 2996

このIGgの値が500を下回ると、ちょっと危険なようです。

■2017年1月6日(金)
背中に左半分に湿疹を発見した、先生に確認したところ
ステロイドによる免疫力が低下が原因らしい。
マラセチア毛包炎という病気らしく、塗り薬を処方してもらった。
どうやら、ニキビではなく、カビらしい。痒みがないことが唯一の救い。

■2017年1月7日(土)
自宅へ外泊。

■2017年1月8日(日)
自宅へ外泊。

処方薬

<朝>
プレドニン錠50mg(5mg☓10)
バクタ配合錠:1錠
ラベプラゾールNA錠:1錠

<毎週水曜朝>
ベネット錠1錠

<お風呂後>
ニゾラールクリーム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です